日本糖質学会

  • トップヘ
  • お問い合わせ
  • Japanese

関連集会の告知・ICSとIGO情報

日本糖質学会の会員に対してお知らせしたい学術集会などを掲載しております。掲載を希望する方は、「開催会議名、日時、会場、世話人等、ホームページURLまたは会議の詳細に関するPDFファイル」を添えて事務局にお問い合わせください。

 

男女共同参画学協会連絡会から第5回大規模アンケート調査(10月20日開始)への協力の依頼

日本糖質学会会員各位

男女共同参画学協会連絡会から添付の第5回大規模アンケート調査(10月20日開始)への協力の依頼が参りました。
皆様、宜しくご協力のほどお願い申しあげます。
日本糖質学会 会長 石田秀治

---

第5回 科学技術系専門職の男女共同参画実態調査(大規模アンケート)を2021年10月20日~11月20日の期間で実施いたします。
大規模アンケート調査は連絡会が自然科学系の研究者・技術者を取り巻く現状を把握する重要な調査で,結果は貴重な統計的根拠として様々な場面で引用されたり,国の政策決定の参考となるものです。
研究者・技術者の声を社会に発信する場です。
特に今回は新型コロナ禍にあっての調査となります。より多くの研究者・技術者の皆様にアンケートへの積極的なご参加をお願いしたいです。
ご協力、どうぞ宜しくお願いいたします。
アンケートリンク:
https://wss3.5star.jp/survey/login /ro93keh1
大規模アンケートに関する情報:https://djrenrakukai.org/enquete.html

男女共同参画学協会連絡会
大規模WG 石田佳子
 

第18回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム オンライン開催のお知らせ

日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)の主催する第18回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウムがオンラインで来る12月7日、8日に開催されます。奮って参加いただきますよう、ご案内申し上げます。参加登録はhttp://www.jcgg.jp/02/symposium18.htmlで受付中です。

第16回国際エンドトキシン・自然免疫学会 (16th IEIIS)開催のお知らせ 

第16回国際エンドトキシン・自然免疫学会(16th IEIIS)は本年2021年10月12日〜15日に神戸国際会議場で開催いたします。糖鎖免疫も学会の重要な主題であり、糖質学会会員の皆様にも奮ってご参加いただけると幸いです。また糖質学会の何名かの先生方にも招待講演をいただきます。

事前登録とアブストラクト提出の締め切りは9月13日となっております。
以下のURLからご登録ください。
https://congress.academicbrains.jp/ieiis2021/

新型コロナウイルス流行のため、第16回IEIIS会議はハイブリッド型会議として開催します。すべての口頭発表は、神戸国際会議場またはオンラインで開催されます。 神戸国際会議場での発表は、オンラインでも配信いたします。招待講演については録画し、オンデマンドでも配信いたします。また ポスターセッションはオンライン開催です。兵庫県の緊急事態宣言は9月12日までとなっています。緊急事態宣言中でもガイドラインに従って、会場でも開催予定です。

なお第26回日本エンドトキシン・自然免疫研究会(26th JEIIS)は16th IEIISと共同開催されます。
参加登録は共通にしており、IEIISとJEIISの両方に参加いただけます。
またJEIISの発表登録については、abstract投稿時に上記サイトからJEIISを選択する形で登録お願いします。
JEIISについては日本語が標準ですが、英語で発表いただいても問題ありません。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

第16回国際エンドトキシン・自然免疫学会組織委員長
第26回日本エンドトキシン・自然免疫研究会世話人
深瀬浩一

Glyco26 開催延期のお知らせ (2023年8/27-9/1 開催へ)

日本糖質学会会員各位 
 
IGOのNational Representativeの協議で、Glyco26は2023年8/27-9/1に開催が延期され、その後の各シンポジウムも順次2年間開催時期の変更することが合意されましたのでお知らせ致します。
これにより、Glyco28は2027年に日本開催となります。

Dear Colleagues, Dear Friends,
 
The 26th International Symposium on Glycoconjugates, the glyco26, programmed for August 29th-September 3rd of this year, has been  deferred to August 27th-September 1st, 2023. As you can imagine, it is with great disappointment and sadness that we have had to make this difficult decision. However, I think we are all in agreement that this was inevitable due to the pandemic covid-19 that seriously continues to affect all the world. The safety of the whole community remained the most important point to take the final decision. 
 
We want to thank all the Colleagues that accepted- or programmed to attend the Glyco26. 
 
In a second moment, I contacted the national representative that offered their efforts to organize the next glyco27, glyco28 and glyco29 in Vancouver (Canada), Japan and France, respectively, and informed on the necessity to progressively shift all the symposia of two years. They accepted this, and accordingly  the next sequence will be: Taipei in 2023, Vancouver in 2025, Japan in 2027 and France in 2029
 
We very much look forward to welcoming you all to Taipei in 2023!
 
Sincerely
Sandro