日本糖質学会

  • トップヘ
  • お問い合わせ
  • Japanese

関連集会の告知・ICSとIGO情報

日本糖質学会の会員に対してお知らせしたい学術集会などを掲載しております。掲載を希望する方は、「開催会議名、日時、会場、世話人等、ホームページURLまたは会議の詳細に関するPDFファイル」を添えて事務局にお問い合わせください。

第30回プロテオグライカンフォーラム 開催のご案内

日本糖質学会会員各位

下記の日程で第30回プロテオグライカンフォーラムを開催いたします。今年度もZOOMによるバーチャルのフォーラムとなります。

テーマは『疾患研究におけるグリコサミノグリカンの新たな展望』となります。

ご案内が遅くなりましたが、是非ともご参加いただきますようお願いいたします。

プロテオグライカンフォーラム

世話人代表 山田修平  http://proteoglycan-forum.moon.bindcloud.jp/

以下プログラムと参加方法になります。よろしくお願いいたします。

第30回プロテオグライカンフォーラム(共同開催:名城大学難治性疾患発症メカニズム研究センター・第4回セミナー)

テーマ「疾患研究におけるグリコサミノグリカンの新たな展望」

日時 2022年2月26日(土) 13:00-15:25 場所 Zoom開催

プログラム

【開会あいさつ】13:00-13:05 世話人代表 山田修平

13:05-13:45「新型コロナウイルスと糖鎖」

舘野 浩章(国立研究開発法人産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門多細胞システム制御研究グループ)

13:45-14:25「脳内炎症に伴うグリコサミノグリカン構造の変化とそのメカニズム」

東 恭平(東京理科大学薬学部 病態分析化学研究室)

14:25-14:40休憩

14:40-15:20「多機能プロテオグリカン、perlecanのヒト疾患への関与」

平澤 恵理(順天堂大学大学院医学研究科 老人性疾患病態・治療研究センター)

【閉会あいさつ】15:20-15:25 世話人幹事 北川裕之

ご参加いただける方は、下記までメールでご連絡ください。URLとミーティングIDなどを送ります。

【問い合わせ先】

名城大学薬学部病態生化学研究室 山田 修平 

〒468-8503  名古屋市天白区八事山150

Tel: 052-839-2650(直)  (内線2253)

e-mail: shuheiy@meijo-u.ac.jp

オンライン国際シンポジウムMiGGA (International Symposium on Microbial Glycoconjugates and the GlySpace Alliance: from micro to macro glycoscience) 開催のご案内

この度、オンライン国際シンポジウムMiGGA (International Symposium on Microbial Glycoconjugates and the GlySpace Alliance: from micro to macro glycoscience)を開催する運びとなりました。

 GlySpace AllianceメンバーであるGlyCosmosGlyGenおよびglycomics@ExPASyの 紹介のみならず、現在創価大学国際共同研究で開発している微生物における糖鎖遺伝子、 パスウェイや糖鎖構造データベースMicroGlycoDBに関連するご発表もあります。 また、ユーザーワークショップを通してそれぞれのリソースの使い方や要望を集める機会も 設けております。ユーザーおよびデータベース開発関係者のご参加を大歓迎いたします。
最優秀ライトニングトークに対しての賞品も計画していますので、奮ってのご応募をお待ちしております。

MiGGA (International Symposium on Microbial Glycoconjugates and the GlySpace Alliance)
 from micro to macro glycoscience 
日程:202231日(火)〜33日(木)21:00-24:00, 9:00-12:30(予定)
開催会場:オンライン(Zoom, Discord
主催:創価大学糖鎖生命システム融合研究所
世話人代表:木下聖子
シンポジウムHP
参加登録はこちら
参加費:無料
参加条件:ZoomDiscordの登録
参加登録締切日:2022225日(金)
ライトニングトーク登録締切日:2022128日(金)
お問合せ先:MiGGA Organizers E-mail: glycoworkshop@gmail.com 
 

Glyco26 開催延期のお知らせ (2023年8/27-9/1 開催へ)

日本糖質学会会員各位 
 
IGOのNational Representativeの協議で、Glyco26は2023年8/27-9/1に開催が延期され、その後の各シンポジウムも順次2年間開催時期の変更することが合意されましたのでお知らせ致します。
これにより、Glyco28は2027年に日本開催となります。

Dear Colleagues, Dear Friends,
 
The 26th International Symposium on Glycoconjugates, the glyco26, programmed for August 29th-September 3rd of this year, has been  deferred to August 27th-September 1st, 2023. As you can imagine, it is with great disappointment and sadness that we have had to make this difficult decision. However, I think we are all in agreement that this was inevitable due to the pandemic covid-19 that seriously continues to affect all the world. The safety of the whole community remained the most important point to take the final decision. 
 
We want to thank all the Colleagues that accepted- or programmed to attend the Glyco26. 
 
In a second moment, I contacted the national representative that offered their efforts to organize the next glyco27, glyco28 and glyco29 in Vancouver (Canada), Japan and France, respectively, and informed on the necessity to progressively shift all the symposia of two years. They accepted this, and accordingly  the next sequence will be: Taipei in 2023, Vancouver in 2025, Japan in 2027 and France in 2029
 
We very much look forward to welcoming you all to Taipei in 2023!
 
Sincerely
Sandro