日本糖質学会

  • トップヘ
  • お問い合わせ
  • Japanese

関連集会の告知・ICSとIGO情報

日本糖質学会の会員に対してお知らせしたい学術集会などを掲載しております。掲載を希望する方は、「開催会議名、日時、会場、世話人等、ホームページURLまたは会議の詳細に関するPDFファイル」を添えて事務局にお問い合わせください。

令和元年度 日本応用糖質科学会東日本支部ミニシンポジウムのお知らせ

糖鎖の最前線から米澱粉の利活用まで~情報・機能を有する糖鎖解明からハイテク技術を活用した米澱粉の開発まで~
詳細はこちらのwebsite  http://jsag.jp/higashinihon/2966/ およびプログラムをご覧ください。

日 時     令和元年11月30日(土)13:40~17:10
場 所     東洋大学 板倉キャンパス 1102教室
参加費     無料
参加申込    ミニシンポジウム・交流会に参加ご希望の方は、11月21日(木)正午までに下記宛にご連絡をお願いいたします。
連絡先     東洋大学 食環境科学部 食環境科学科  林 清
TEL: 0276-82-9220;  E-mail: hayashi@toyo.jp

第10回グライコバイオロジクス研究会のご案内


日時:2019年11月26日(火)14:00~17:30
場所:産業技術総合研究所臨海センター別館11階・大会議室
基調講演:国立がん研究センターEPOC 松村保広 先生
「がん間質ターゲティング療法の開発」
特別講演:江南大学 藤田盛久 先生
「糖鎖リプログラミングを目指した糖鎖経路可視化ツールの開発とその利用」

懇親会:場所を調整中(4000円を予定)

建物内への入構のため、事前登録が必要です。
参加を希望される方は、所属、名前、連絡先(メールアドレス)、懇親会の参加の有無を下記の連絡先までメールにてご連絡ください。
なお、お預かりしました個人情報は本研究会に関わる目的のみに使用し、他の目的への使用、第三者への提供は致しません。

連絡先:グライコバイオロジクス研究会事務局 千葉(y-chiba@aist.go.jp
(件名は、[グライコバイオロジクス研究会参加申込] として下さい)
締切:11月15日(金)
 

International Carbohydrate Symposium のお知らせ

日本糖質学会会員の皆様

2020年のInternational Carbohydrate Symposium は7月12~17日に上海で開催されます。この度そのHPが公開されましたので、ご案内致します。下記をご参照ください。

ics2020.sioc.ac.cn

多数のご参加をお待ちしております

伊藤 幸成(理化学研究所)

国際ワークショップ「ベトナム 遺伝資源の取得と利用」のお知らせ

【 日 時 】20191113日(水)13:0016:00(受付1230~)

【 場 所 】AP東京八重洲通り 11階ルームL

   詳細はこちらまで idenshigen.jp

日本応用糖質科学会東日本支部ミニシンポジウムのお知らせ

令和元年度 日本応用糖質科学会東日本支部ミニシンポジウム
『糖鎖の最前線から米澱粉の利活用まで~情報・機能を有する糖鎖解明からハイテク技術を活用した米澱粉の開発まで~』
日時:令和元年11月30日(土)13:40~17:10
場所:東洋大学 板倉キャンパス 1102教室

交流会:17:00~18:20 東洋大学 食堂 参加費:3,000円(学生1,000円) *当日、受付にてお支払いください。
参加申込:ミニシンポジウム・交流会に参加ご希望の方は、11月21日(木)正午までに下記宛にご連絡をお願いいたします。
連絡先:東洋大学 食環境科学部 食環境科学科  

林 清 TEL: 0276-82-9220;  E-mail: hayashi@toyo.jp

詳細はこちらまで http://jsag.jp/higashinihon/2966/
 

TIAナノバイオサマースクール(糖鎖・レクチン)のお知らせ

TIAナノバイオサマースクール(糖鎖・レクチン) https://www.glycoforum.gr.jp/pdf/190903.pdf
期間 令和元年9月3~4日(10時~17時)
受講料  無料 
言語 日本語(スライドは英語)
会場 お茶の水女子大 国際交流留学生プラザ多目的ホール(〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1)
内容・講師
木塚 康彦(岐阜大学):糖転移酵素
矢木 宏和(名古屋市立大学):糖鎖構造解析
鈴木 匡(理化学研究所):糖代謝
吉田 雪子(東京都医学総合研究所):糖鎖を介したタンパク質分解
田中 克典(理化学研究所):生体内糖鎖合成
佐田 亜衣子(筑波大学):幹細胞と糖鎖
佐々木 伸雄(慶應義塾大学):オルガノイドと糖鎖
小坂 展慶(東京医科大学):エクソソームと糖鎖

お申込み、お問合せ:産業技術総合研究所 TIA推進センター CUPAL事務局(nanotech-cupal-ml@aist.go.jp)にメールでお願いします。
 

第11回ACGG (Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology)

日本糖質学会会員の皆様


第11回ACGG (Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology) は本年11月11日~14日に釜山で開催されます現時点での情報は下記URLをごらんください。
多数のご参加をお待ち致しております。よろしくお願い申し上げます。

理化学研究所 伊藤 幸成