日本糖質学会

  • トップヘ
  • お問い合わせ

第38回日本糖質学会年会(名古屋)


第38回日本糖質学会年会(日本糖質学会創設40周年記念大会)予告

会期:2019 年 8月 19 日(月)~ 21日(水)

会場:名古屋大学豊田講堂・シンポジオン(〒464-8601名古屋市千種区不老町)

主催:日本糖質学会

 共催:シアル酸研究会、シクロデキストリン学会、セルロース学会、日本栄養・食糧学会、
    日本応用糖質科学会、日本化学会、日本キチン・キトサン学会、日本植物生理学会、
    日本神経科学学会、日本生化学会、日本生物工学会、日本生物物理学会、日本蛋白質科学会、
    日本分子生物学会、日本薬学会、名古屋大学生物機能開発利用研究センター
 協賛:高分子学会、繊維学会、日本再生医療学会、日本食品科学工学会、日本膜学会 、
    日本農芸化学会、有機合成化学協会
 後援:日本炎症・再生医学会、日本核磁気共鳴学会、日本癌学会、日本基礎老化学会、
    日本ケミカルバイオロジー学会、日本発生生物学会、日本免疫学会、日本脂質生化学会
 
討論主題 糖質、複合糖質に関する基礎研究や応用研究
本年会では「不惑の日本糖質科学:原点回帰して飛躍の十年へ」をテーマに掲げ、この十年を総括し、改めて糖鎖の不思議や特性に思いを馳せ原点回帰することによって、この先十年の飛躍への溜めの機会にします。年会についての最新情報は、学会ホームページ(HP) (http://www.jscr.gr.jp) の「年会のお知らせ」ページに掲載。
内容(予定)
■学会創設40周年記念シンポジウム
■公募型ワークショップ
■日本糖質学会奨励賞受賞講演
■優秀講演賞
■一般講演とポスター発表
      ■男女共同参画講演
 
一般講演の発表形式:従来の日本糖質学会年会の形式を踏襲する。
  口頭発表A(質疑応答を含め20-25分、PCによる発表)
発表内容は自己の研究業績を中心とした総括的なもので、討論の素材を十分に提供できるものであること。演者は討論に十分対応できること。1研究室当たり1発表。採否は組織委員会に一任。またプログラム編成の都合上、一部は発表Bに変更される場合があります。
口頭発表B(質疑応答を含め12-15分、PCによる発表)
発表内容は新規性、独創性のある結果を中心としたもので、討論の素材を十分に提供できるものであること。演者は討論に十分対応できること。研究室当たりの発表数に制限はないが、採否は組織委員会に一任。またプログラム編成の都合上、ポスター発表に変更される場合があります。その場合、ポスター賞への応募が可能となる。
ポスター発表
発表内容は新規な結果を中心としたもので、討論の素材を十分に提供できるものであること。研究室当たりの発表数に制限はないが、採否は組織委員会に一任。
優秀講演賞ファイナリスト講演(口頭発表B相当)
 
ポスター賞ならびに優秀講演賞
発表演題のなかから、ポスター賞ならびに優秀講演賞を選考し表彰する。詳細は日本糖質学会ニュースレターおよび学会HPに掲載。
 
参加・発表申込み申込方法、発表方法の詳細は、2019年4月に学会HP(http://www.jscr.gr.jp)の
  「年会のお知らせ」ページに掲載する予定です。下記申込期間内に、年会専用ページのWeb登録
  システムから申込んでください。

発表申込み期間(予定):2019年5月1日~5月31日 

発表採択の通知:発表受付終了後、1ヶ月程度で演者にE-mailで通知いたします。

ワークショップの公募会員が年会の企画・運営に積極的に参加する機会として、公募ワークショップを
  行い、さまざまな立場からの提案を期待します。5件程度を予定。採否は組織委員会に一任。
  講演者一般講演の発表者にはなれません。
なお、ワークショップより大きな枠での企画を希望する場合、サテライトシンポジウムも可能です。
8月18日(日)および22日(木)に会場のみ提供します(事務局に相談を)。
<運営方法>
ワークショップ提案者(会員に限定)が、発表者への依頼や当日の運営を行います。発表者の会員資格は問わないので、異分野の方への講演依頼が可能です。講演者の順番、時間配分、総合討論の有無、座長も含め、セッション内の運営は提案者が行います。当日、会場での講演スライド原稿等の資料配付は提案者の判断に任せます。ワークショップ会場、プロジェクター、スクリーン、マイク、ポインターは大会事務局が準備し、各会場には補助員を配置します。
<ワークショップの時間・予定実施件数について>
ひとつのワークショップは90分間です。2時間以上を希望する場合は、申込み時にその理由を記載してください。3日間で5件程度開催する予定です。
<要旨集への掲載>
ワークショップ全体の要旨と、個々の講演者の発表要旨を簡潔に纏めて掲載します。要旨集作成後でも、講演者の追加・変更、演題の変更は可能。
<非会員講演者の参加登録料、旅費補助> 
非会員講演者の参加登録料は無料。旅費補助はありません。
<ワークショップ提案申込み> 
希望者は、ワークショップタイトル、主旨と意義を説明した要旨、キーワード(5語以内)、予想参加人数、講演予定者名および予定演題、提案者氏名・連絡先(所属、電話番号、E-mailアドレス)をA4のWordファイル2ページ以内(様式自由)にまとめて、大会事務局(jscr38@nuagr1.agr.nagoya-u.ac.jp)宛てに送ってください。受信後、事務局から受診確認メールを送信しますので、確認メールが届かない場合は事務局に問合せてください。
<申込み締切り>
2019年2 月28 日(木)
<ワークショップの採択について>
締切り後、組織委員会が企画内容と運営方法を確認の上、決定させていただきます。提案数が多数の場合、提案者と相談の上調整します。
 
大会参加申込み期間(予定):2019 年5 月1日~7 月31日 
              8月1日以降の参加申し込みは当日会場にて受付いたします。
 
加登録料:*( )内は2019年8月以降申込の金額です。
  日本糖質学会正会員および共催学会正会員:7,000円(9,000円)
  日本糖質学会学生会員および共催学会学生会員:2,000円(4,000円)
  一般:9,000円(11,000円)
  一般学生: 3,500円(4,000円)
 
親会
  日時:2019年8月20日(火)
  会場:ホテルナゴヤキャッスル(学会会場からバス送迎)
  申込み:年会専用ページのWeb登録システムよりお申し込みください。 
  会費:8,000円(2019年8月以降申込10,000円)*学生会費:学生割引あり(HP参照)
 
託児室
  会期中、会場内に託児室を用意します。利用希望者は2019年7月末までに大会事務局に申込み、
  必ず確認をとってください。
 
宿泊案内
  2019年4月に学会HPの年会専用ページに掲載予定。
 
問合せ先
第38回日本糖質学会年会 世話人代表 北島健
               事務局担当 佐藤ちひろ
    名古屋大学生物機能開発利用研究センター 動物細胞機能研究室
         〒464-8601愛知県名古屋市千種区不老町
         Tel:052-789-4297 Fax:052-789-5228 
         E-mail:jscr38@agr.nagoya-u.ac.jp