日本糖質学会

  • トップヘ
  • お問い合わせ

研究費情報・学会賞等

【39】第4回 保井コノ賞募集のご案内

日本糖質学会会員 各位

以下の募集がありましたので、ご案内申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年度「第4回 保井コノ賞」募集のご案内
日頃より、本学の教育研究にご支援賜り、御礼申し上げます。
本学では、日本の生物科学の黎明期から革新的な研究を展開するとともに本学及びその前身校において数多くの女子学生を育てた保井コノ氏の遺志が若い世代に受け継がれることを願い、生命科学とその関連領域科学の諸分野において顕著な業績を挙げた女性を顕彰することを目的として、2016年に「保井コノ賞」を創設しました。 
このたび、下記のとおり、2019年度の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。
詳細は本学ホームページをご参照いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

お茶の水女子大学理学部長
小林 哲幸           
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.募集要項 ホームページをご覧ください。
2019年度「第4回 保井コノ賞」http://www.ocha.ac.jp/danjo/op/ykp/ykp2019.html
2.提出期限 2019年9月13日(金) 17時
<本件問合せ・提出先>
〒112-8610 東京都文京区大塚2丁目1番1号
国立大学法人お茶の水女子大学
企画戦略課 男女共同参画推進担当
E-mail: danjo@cc.ocha.ac.jp  電話: 03-5978-5336

 

38】三島海雲学術賞(褒賞)推薦公募情報ご案内

日本糖質学会会員各位

三島海雲記念財団より、「第9回(2020年度)三島海雲学術賞」 (褒賞)   推薦公募  の案内が届きましたので、お知らせいたします。
詳しくはホームページをご覧ください。  

-自然科学・人文科学研究助成-

公益財団法人 三島海雲記念財団

https://www.mishima-kaiun.or.jp/

推薦要項はこちら

 

【37】トラベルグラント募集について(25th International Symposium on Glycoconjugates)

日本糖質学会会員各位
2010年に日本で開催された第25回International Carbohydrate Symposium
(ICS2010)を記念し、設立された基金の運用が、2012年より開始されました。その趣旨に基づき、下記の要領でトラベルグラントの応募を受け付けます。
名称:ICS2010記念糖質科学基金
趣旨:本基金は我が国における糖質科学分野の国際化に資する目的に使用する。
使途:若手研究者の国際糖質シンポジウムおよび国際複合糖質シンポジウムにおける旅費の援助を行う。

応募資格:日本糖質学会の会員であり、国内の研究機関に所属し、大学院生として在学中、あるいは博士号取得後8年以内程度もしくはそれと同等の研究歴を持ち、25th International Symposium on Glycoconjugates (Milano, http://www.glyco25.org/) において口頭発表(招待講演を除く)を行う方。ただし、応募多数の場合は、大学院生及び若手のポスドクを優先的に考慮する。本基金以外からの助成を受ける方は対象外と致します(応募中で採否未定の方はその由記載ください)。
件数:2件程度
助成額:1件あたり20万円を上限とする。
必要書類:(1)Glyco2019における発表の要旨、(2)口頭発表採択を証明するもの、(3)履歴書、(4)業績リスト、(5)指導教員もしくはそれに準ずる方の推薦書(A4で1枚程度)。以上をメール添付にて、伊藤幸成(yukito@riken.jp)に送付。
*可能な限り、上記5点を一つのPDFファイルにしてお送りください。
応募締め切り:2019年7月8日(月)(ただし、アブストラクト採択通知状況によって延長されることがあります)
その他:Grant の受領者には、糖質学会ニュースレターに学会報告を書いていただきます。

以上、多数のご応募をお待ちしています。

ICS2010記念糖質科学基金代表
伊藤 幸成 
 
 
【36】大隅基礎科学創成財団第3期研究助成公募について
理事長大隅良典博士(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)が世界に先駆けて生物学及びその周辺の新分野を拓き得る先見性・独創性に優れた研究を助成するとともに、先端的研究者、市民、企業人の有機的つながりを構築し、日本社会の科学基盤の発展に寄与することを目的として設立された大隅基礎科学創成財団は2018年8月に公益法人となり、より一層活動の場を広げながら基礎科学が文化として根付くことを目指して活動されており、研究助成公募(第3期)が5月10日より財団ホームページ(https://www.ofsf.or.jp)上で行われます。
詳細、申請は財団ホームページおよびこちらのPDFファイルをご参照ください。
 

【35】日本学術振興会賞受賞候補者推薦について

日本糖質学会会員各位


「日本学術振興会賞受賞候補者の推薦」について、糖質学会から機関推薦致します。推薦人数は1名とし、推薦多数の場合は被推薦者を理事会で決定させていただきます。なお案内について先に添付書類を送りましたが、これは破棄いただけると幸いです。

日本学術振興会賞の趣旨
我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるためには、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰しその研究意欲を高め研究の発展を支援していく必要があります。この趣旨から日本学術振興会は、平成16年度に日本学術振興会賞を創設しました。

対象者
国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、平成30年4月1日現在以下の1)から3)の 条件を満たす者とします。
1)次の a) または b)を満たすこと
a) 日本国籍を有する者
b) 外国人であって推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定している者 
2)45歳未満であること
3)博士の学位を取得していること(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研 究能力を有する者を含む)
※:海外在住の日本国籍を有する研究者も対象としています。

参照のためのWebsite
https://www.jsps.go.jp/jsps-prize/index.html

糖質学会に提出いただく書類
1.推薦者の氏名(2名)
2.被推薦者の氏名,所属、略歴(形式任意)
3.推薦理由(A4用紙1枚程度、様式任意)
4.研究業績(A4用紙1枚程度で、学会における研究発表や活動の詳細など,特記事項も記載すること。様式任意)
糖質学会からの推薦が決まった場合、2名の推薦者にそれぞれA4用紙1枚の推薦理由書を作成いただきます。

糖質学会への提出期日:2019年3月15日

 

【34特定非営利活動法人酵母細胞研究会 地神芳文記念研究助成の公募のお知らせ

 <対象研究領域>
  酵母に関する生物科学的研究であれば基礎あるいは応用の別を問いません。
  また、糖鎖に関する研究は生物種を問わず、基礎あるいは応用の別を問いません。
 <助成対象>
  日本国内の大学、公的研究機関、およびこれに準じる研究機関に属する研究者の申請する研究課題と
  します。
  また原則として、同一の研究課題で他助成財団からの助成を受けていないものとします。
  研究課題は、新たに研究を開始するもの、あるいは既に進行中のものを問いません。
  本研究助成は若手研究者の支援を目的とし、研究者の年齢が申請年の4月1日現在において39歳以下と
  します。
  申請者は当研究会の会員である必要はありません。
 <助成金額>1件50万円以内、2~3件
 <助成期間>
2019年9月より1年間

 <締切日>2019年3月29日(必着)

 <詳細・申請方法>
  特定非営利活動法人酵母細胞研究会ウェブサイト
http://www.yeast.umin.jp/grantinaid.html をご覧下さい。
 <問合せ先>
 〒305-8568 つくば市梅園 1-1-1 中央第 2
  産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 糖鎖技術研究グループ内
  特定非営利活動法人酵母細胞研究会
  副理事長 横尾岳彦
  TEL. 029-861-3252
  E-mail: yeast@umin.ac.jp
  Web: http://www.yeast.umin.jp/
 

【33】山田科学振興財団 研究援助 公募のお知らせ

 公益財団法人山田科学振興財団から研究援助公募のお知らせがあります。
 詳細につきましては、財団HP < http://www.yamadazaidan.jp/ > をご参照下さい。
 
 日本糖質学会(推薦依頼先として指定されています)からの推薦を希望する場合は、
 (1)研究援助候補推薦書(以下、申請書に研究主題以下記入したもの)
 (2)論文リスト
 (3)論文の別刷りまたは写しを下記へご提出下さい。
  また、申請書類一式(上記1ー3)のpdf版(1ファイル)を財団HPを参考に作成し、
  日本糖質学会内の審査用としてメールにて送付ください。
注1)(2)および(3)についての詳細は(1)中5ページに記載。
注2)申請書作成にあたり、「承諾書」(申請書6ページ)への署名捺印必須。
   PDF作成に当たっては、署名捺印後スキャン、PDF化すること。
注3)糖質学会への提出にあたり、生物系、化学系の審査希望分野(複数選択可)を手紙に明示すること。
 
 提出期限:2019年1月21日(月)
 <日本糖質学会への提出>提出先および部数
   紙媒体  :日本糖質学会事務局
                 〒 103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-12 油商会館B棟3F
        正本1部+コピー2部
  電子媒体:jscr.office@gmail.com PDFファイル1部
 <山田科学振興財団への提出>
  電子媒体(CDまたはUSBに保存):公益財団法人 山田科学振興財団 (Yamada Science Foundation) 
                 〒544-8666 大阪市生野区巽西1丁目8番1号
                 電話 (06)6758-3745(代表) 
 
 なお、本会からの推薦件数は、2件以内を予定しております。
 推薦の可否については、厳正な審査の上、理事会にて決定させて頂きます。
 結果についてはご本人にお知らせしますが、審査経緯についての問い合わせにはお答えできません。
 *本会からの推薦結果については、2019年2月初旬にご連絡いたします。